Around 50〜NO DANCE, NO LIFE〜

アラフィフ、、、日々思うこと、実践している事、自分らしく生きる事

乳ガン手術後 細胞検査結果

細胞検査結果を聞きに行った

 

何でもないだろうと思っていたが

何でもあった

 

診察室に入った時の先生の顔が少し曇っていたように感じた

 

私「先生どうでしたー?」

 

T「先端まで癌が来ていたよ、、、」

 

ガーン

 

画像を一緒に見た

確かに集中している部分から点点と癌が先端に向かってのびている

MRIにもCTにも写らなかった

 

これは最初から先生から聞いていたから仕方のない事

それなのに先生はごめんねと言ってくれた

本当に人間味あるいい先生だ

 

先生のせいではないし

手術前に散々話し合ったしこういう結果もあると聞いていた

 

 

いいニュースは私の癌は非浸潤がんだった事

本当に安心した

 

非浸潤がんとは、ガンが発生した場所(乳管や小葉の中)にとどまっているタイプのもので理論的には、転移を起こさないタイプ

 

さーどうする?

1時間近く話し合ったのではないか、、、

みんな待っているのにすまない

でも今は自分のことだけ考えたい

 

3つの選択があった

 

1.全摘出

これは私が望まないと先生はわかってる

多分私は0ステージ、、、全摘出はやはり納得はできないのと

クラスに戻るのがかなり遅くなる

再建するとこれまた時間がかかる

 

2.乳首下にある組織全て切り取る

 

3.再度部分摘出する

 

私「先生もう入院嫌だよー」

 

T「そうだよね、、、」

 

T「部分摘出でもう一度やってみよう」

「今回は入院しなくていいよ局所麻酔でやるから」

 

私「ほんと?嬉しい〜よかったー」

「て事は先生と話しながらできるんだよね?」

 

T「うん、好きな曲かけていいよ」

 

こんなやりとりが続き

 

心の中で

宇宙は私に何を訴えたいんだろう

何を経験して欲しいんだろう

と自問自答していた

 

無駄な経験はひとつもない

現にガンになってからの自分の方がなる前の自分より

数十倍数百倍

とにかく好きだ

 

食事改善して肌は綺麗になるし

スタイルは良くなるし

体重軽いから踊りやすくなった

 

お酒やめてむくみもないし

暴飲暴食はなくなり

夜に出かけたいとも思わなくなった

 

無駄な付き合いは極力避けていたが

ますますなくなった

 

無駄な付き合いとは本音を話さず

人の話ばかりして意味ある深い話が出来ないこと

 

私は相手の話や考えている事を聞きたい

そこにいない人の話はハッキリ言ってどうでもいい

 

これプラス笑いも必須

 

貴重な時間とお金を無駄にはしたくない

 

もともと一人は好きだったが

チリではずっと相棒と一緒だった

空気のような存在で近くにいるのが当たり前

相棒とは無言でも心地いい

 

そういう存在は日本にはいないから

一人の時間が増えた

 

前の自分に戻っただけだが

今は夢や希望でいっぱい

やりたい事が沢山ある

 

これもガンのお陰ではないか?

まだハッキリとは宇宙が

そして生まれる前に決めてきた自分が

現世で何を成し遂げたいのか答えは出ていないが

あーこういう事だったのね!と謎が解ける日が楽しみだ

 

人生山あり谷あり

私はただサーフィンの如く最高にいい気分で波に乗るだけだ

 

 

さて再手術まであと3

 

先生が選んだ曲で手術にノル曲でやってほしいのが本音だが

これを書きながら今から手術曲リストを作成しようかなと考えている

 

f:id:aphroditesea:20200105151215j:plain