Around 50〜NO DANCE, NO LIFE〜

アラフィフ、、、日々思うこと、実践している事、自分らしく生きる事

マンモトーム生検

マンモトーム生検は、局所麻酔下で行われ

生検のための小さな傷(約4mm)が1つだけで

縫合は不要

細胞診や針生検よりも採取する組織量が多く

より確実な診断をすることができる

 

これが一苦労だった

私の乳腺があまりにも硬く

先生が汗を流しながら必死に挿し入れている

局所麻酔をしているとは言え

恐怖ですよ恐怖

 

時間がものすごく長く感じた

 

刺した後に目標物を回収するために

キュイ〜ンと針を高速回転させて吸引

早く終わってくれないかなーーーと願うしかない

知っている大天使の名前を片っ端から心で唱えましたよ

 

病気の時は天使のヒーラー

ラファエル大天使

 

子供が小さい時に高熱を出して

ラファエル大天使に癒してくれるようお願いしたら

 

「ママ〜寝ている時に天井に緑色の光が広がったんだよ〜!」

 

元気になった後子供から聞いた言葉を今も忘れません

 

ラファエルが来てくれたんだー

何を隠そうラファエルの光の色はエメラルドグリーン

幼い子供には視えるようです

 

ようやく終わってすぐに顕微鏡で取れているかどうか確認

結果は、、、取り直しーーー

ふぇ〜〜〜ん

また刺すのね、、、

辛いっす、、、

同じ傷口に再度ぶっとい針を刺す

 

このチクチクした痛みが3ヶ月経った今も続いてる、、、

 

次回の予約は結果報告

 

心境?

考えないようにして過ごしていたけど

緊張感は続いていたと思う

 

チリから一時帰国する友人達との飲み会の日に

結果がわかるという

 

その日は午前中は自分のクラス

友人達もクラスに参加するので

その流れでランチ、ディナーになるだろうと予測し

予約は翌日にいれておいた

1日も早く聞きたかったけどね

 

 

f:id:aphroditesea:20200105142003j:plain